PR

モグワンとニュートロ シュプレモを7つの項目で比較!


人気のドッグフードである「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を7つの項目で比較してみました。比較対象のシュプレモは「小型犬用 成犬用」としました。

このページでは「ニュートロ シュプレモ」=「小型犬用 成犬用」と考えてください。

「1.対応年齢・犬種」「2.生産工場・販売会社」「3.原材料」「4.成分値」「5.粒の形状」「6.価格」「7.口コミ」を徹底比較しています。良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

モグワンとニュートロ シュプレモを7つの項目で比較しました!

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
1.対応年齢・犬種で比較 2ヶ月以上
全犬種
8ヶ月以上
小型犬
2.生産工場・販売会社で比較 イギリス・日本 アメリカ・日本
3.原材料で比較 チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%)、その他 チキン(肉)、チキンミール、モロコシ、オーツ麦、玄米、ラムミール、サーモンミール、その他
4.成分値で比較 タンパク質:27%以上
脂質:10%以上
タンパク質:26%以上
脂質:17%以上
5.粒の形状で比較 10ミリ
ドーナツ状
10ミリ
だえん形
6.価格で比較 [定期] 4,237円/1.8kg 4,400円/3kg(1袋)
2,100円/1kg(1袋)
参考価格
7.口コミで比較 例)涙やけが改善した 例)朝晩パクパク食べてくれます

上記の7つの項目で、「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

 

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を対応年齢・犬種で比較!

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
対応年齢 2ヶ月以上 8ヶ月以上
対応犬種 全犬種 小型犬

「モグワン」の対応年齢は2ヶ月以上、「ニュートロ シュプレモ」は8ヶ月以上ですので、パピーには不向きといえます。

 

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を生産工場・販売会社で比較!

モグワン ニュートロ シュプレモ
生産工場 イギリス アメリカ
販売会社 株式会社レティシアン マースジャパンリミテッド
解説を見る

「モグワン」は欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準を満たしたイギリスの工場で生産されています。輸入・販売は株式会社レティシアン(日本)が行なっています。

ちなみに、株式会社レティシアンは「モグワン」「カナガン」「アランズナチュラルドッグフード・ラム」など多くのドッグフードを販売し続けている信頼できる会社です。

ニュートロの製品は、製造、輸送、保管、出荷のすべてにおいて品質管理を徹底しています。FDA(アメリカ食品医薬品局)という政府機関がチェックしている工場で作られています。

販売はマースジャパン。マースは、世界80以上の国と地域でペットケア、チョコレートなどの事業を展開する食品会社です。生産から販売までマースが行なっていて、信頼できるフードメーカーです。

 

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を原材料で比較!

簡単にまとめると

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
主原料 チキン&サーモン
(生肉、乾燥肉など)
チキン+穀物+ミール(チキン、ラム、サーモン)
消化吸収が良く、自然な形で栄養素が提供される ミールは保存性に優れるが、加工過程で栄養素の劣化が起こりうる
副原料 様々な野菜果物を含んでいる 様々な野菜果物を含んでいる
栄養バランスが良い 栄養バランスが良い

このようなイメージです。原材料のうち、まず主原料の比較、次に副原料の比較を解説します。

主原料で比較

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
主原料 チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%) チキン(肉)、チキンミール、モロコシ、オーツ麦、玄米、ラムミール、サーモンミール

主原料の違いは、「モグワン」が生肉や乾燥肉を使っているのに対し、「シュプレモ」はミール(チキン、ラム、サーモン)と穀物を組み合わせている点にあります。

解説を見る

生肉:加工されていない原材料のままの状態で、栄養素が豊富で消化吸収が良い

乾燥肉:生肉から水分を抜いた状態で、タンパク質濃度が高く、保存性が向上

アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素がより自然な形で含まれる

ミール:肉や骨、内臓などの動物性原料を加熱し、脂肪と水分を除去し乾燥させた粉末状製品

タンパク質含有量が高く、生肉や乾燥肉に比べて保存性が優れている

しかし、ミールの製造過程では、加熱や圧縮処理によって栄養素が劣化する可能性がある

主原料の比較をまとめると

「モグワン」
生肉や乾燥肉を使っているので、消化吸収が良く、犬にとって自然な形で栄養素が提供される
「シュプレモ」
穀物とミール(チキン、ラム、サーモン)を組み合わせている。ミールはタンパク質濃度が高く、保存性に優れるものの、加工過程で栄養素の劣化が起こる可能性がある。ミールで不足しがちな栄養素を穀物などで補っている

というイメージです。

 

副原料で比較

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
穀物・豆類 エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆 モロコシ、オーツ麦、玄米、粗挽き米、大麦
油脂類 サーモンオイル、ココナッツオイル 鶏脂、亜麻仁
野菜果物 サツマイモ、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、トマト、アスパラガス、パパイヤ トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビートパルプ、チアシード、ココナッツ
ミネラル 亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素 カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅
ビタミン A、D3、E A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
サプリメント類 グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌 アミノ酸類(メチオニン)
その他 ビール酵母、アルファルファ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、ショウガ タンパク加水分解物、乾燥卵、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
穀物・豆類
解説を見る

「モグワン」は穀物を使用せず、代わりにエンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆といった豆類を使用しています。これらの原材料は炭水化物を提供し、犬に必要なエネルギーを供給します。

また、豆類はタンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルを含んでおり、犬の健康維持に役立ちます。モグワンの穀物フリーな配合は、穀物アレルギーの犬に適しています。

一方、「シュプレモ」は、穀物・豆類としてモロコシ、オーツ麦、玄米、粗挽き米、大麦を使用しています。これらは、炭水化物、食物繊維、ビタミン、ミネラルを提供する一方で、グルテンを含むため、アレルギーがある犬には注意が必要です。

油脂類
解説を見る

「モグワン」は、サーモンオイルとココナッツオイルを使用しています。

サーモンオイルはオメガ-3脂肪酸が豊富で、抗炎症作用や皮膚・被毛の健康をサポートします。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が多く含まれ、エネルギー源として効率的に利用されるとともに、抗菌・抗ウイルス作用があります。

「シュプレモ」は、鶏脂と亜麻仁を油脂類として使用しています。

鶏脂は動物性油脂で、犬にとって適切なエネルギー源となります。

亜麻仁はオメガ-3脂肪酸のα-リノレン酸が豊富で、心臓や脳の健康に良い影響を与えるとされています。

野菜果物
解説を見る

「モグワン」「シュプレモ」ともに様々な野菜果物を含んでいます。ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質などの栄養素が豊富で、犬の健康に良い影響を与えます。

ミネラル
解説を見る

「モグワン」「シュプレモ」ともに、亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素を含んでいます。「シュプレモ」は更に、カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、銅も含まれています。

それぞれ犬の健康への役割はありますが、ここでは個別の解説は省略させていただきます。

これらのミネラルは、犬の骨格や神経系、免疫システム、エネルギー代謝など、体の様々な機能に重要な役割を果たしています。

ビタミン
解説を見る

モグワンでは、ビタミンA、D3、Eが含まれています。

  • A:視力や皮膚の健康を維持
  • D3:カルシウムとリンの代謝を助けて骨の健康をサポート
  • E:抗酸化作用を持ち、細胞を酸化ストレスから守る

シュプレモでは、ビタミンA、D3、E だけでなく、B郡(B1、B2、B6、B12)、ビタミンC、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸を含んでいます。

・ビタミンB郡
犬の体内で生成されず、食事から摂取する必要があります。炭水化物、脂質、タンパク質の代謝に関与し、エネルギー生成をサポートします。神経機能の維持、免疫機能やホルモン調整にも役立ちます。

・ビタミンC
免疫力の向上やコラーゲン生成、鉄の吸収を助けるなど、抗酸化作用があり、健康維持に役立ちます。

・コリン
脂肪の代謝を助け、肝臓の健康を維持します。

・ナイアシン
エネルギー代謝や皮膚、神経の健康維持に重要です。

・パントテン酸
脂肪酸やアミノ酸の代謝をサポートし、皮膚や被毛の健康維持に役立ちます。

・ビオチン
皮膚や被毛の健康維持、脂肪酸やアミノ酸の代謝に関与します。

・葉酸
DNAの合成や細胞分裂に重要で、赤血球の生成や神経機能に関与します。

サプリメント類
解説を見る

「モグワン」には、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチンが含まれています。これらは関節の健康をサポートし、犬の運動能力や関節の柔軟性を維持するのに役立ちます。

また、乳酸菌が含まれており、消化器系の健康をサポートし、腸内フローラのバランスを整える役割があります。

「シュプレモ」には、アミノ酸のメチオニンが含まれています。犬にとって必須で、食事から摂取する必要があります。主な役割は

  • 筋肉や組織の成長や修復
  • 肝臓の健康を維持
  • 皮膚と被毛の健康をサポート

です。

その他
解説を見る

モグワンにはビール酵母、アルファルファ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、ショウガが含まれています。

ビール酵母はビタミンB郡やミネラルが豊富で、免疫力を高める働きがあります。

その他の成分は、抗炎症、抗菌、抗酸化作用があり、犬の消化器系の健康や、皮膚トラブルの予防に役立ちます。

また、リラックス効果があり、ストレスや不安を緩和する効果も期待できます。

「シュプレモ」にはタンパク加水分解物と酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)が含まれています。

タンパク加水分解物は、消化吸収が容易なタンパク質源で、アレルギーのリスクを減らすことができます。

酸化防止剤は、製品の品質や安定性を維持、栄養素の劣化を遅らせる役割があります。

原材料で比較 まとめ

まとめると

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
主原料 チキン&サーモン
(生肉、乾燥肉など)
チキン+穀物+ミール(チキン、ラム、サーモン)
消化吸収が良く、自然な形で栄養素が提供される ミールは保存性に優れるが、加工過程で栄養素の劣化が起こりうる
副原料 様々な野菜果物を含んでいる 様々な野菜果物を含んでいる
栄養バランスが良い 栄養バランスが良い

このようなイメージです。主原料の違いを副原料で補っていて、どちらも栄養バランスに優れています。

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を成分値で比較!

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
タンパク質 27%以上 26%以上
脂質 10%以上 17%以上
粗繊維 4.75%以下 4.0%以下
粗灰分 9.5%以下 10.5%以下
水分 9%以下 10%以下
オメガ3脂肪酸 1% 0.65%以上
オメガ6脂肪酸 1.8% 3.3%以上
リン 1% 1%以上
カルシウム 1.4% 1.5%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
363kcal 375kcal

タンパク質

「モグワン」は「シュプレモ」より少し高いタンパク質含有率です。これは筋肉や組織の構築、修復に役立ちます。

活発に運動するワンちゃんには、効率よく栄養を摂れる「モグワン」の方が適しているでしょう。

脂質

「シュプレモ」は「モグワン」よりも脂質含有量が高いです。脂質は、犬のエネルギー源であり、皮膚や被毛の健康維持、神経組織の機能や、脂溶性ビタミンの吸収に役立ちます。

粗繊維

「モグワン」は「シュプレモ」よりも粗繊維含有量が少し高いです。粗繊維は、犬の腸内環境を整え、消化器系の健康を維持し、便通を促す効果があります。

灰分

灰分は無機物質の総量を示します。どちらもミネラル類のバランスが適切であることを示唆しています。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、炎症反応の抑制、関節の健康、心臓や脳の機能をサポートする働きがあります。

「モグワン」は「シュプレモ」よりもオメガ3脂肪酸が多いです。関節や心臓の健康が気になる犬 は「モグワン」が合うかもしれません。

オメガ6脂肪酸

オメガ6脂肪酸は、細胞膜の構成や免疫システムの正常な機能をサポートし、皮膚や被毛の健康維持に役立ちます。

「シュプレモ」は「モグワン」よりもオメガ6脂肪酸が多いです。皮膚や被毛の健康が気になる犬 は「シュプレモ」が合うかもしれません。

成分値で比較まとめ

「モグワン」と「シュプレモ」の成分をトータルで考慮した時、以下のような犬にそれぞれのフードをオススメします。

「モグワン」をオススメする犬

「モグワン」をオススメする犬

  • 成長期や積極的な運動を行う犬※1
  • 関節や心臓の健康が気になる犬※2
  • 肥満のリスクを抑制したい犬※3
  • 穀物アレルギーのリスクを抑制したい犬※4

※1:タンパク質含有率が「シュプレモ」より高い
※2:オメガ3脂肪酸が「シュプレモ」より高い
※3:脂質含有率が「シュプレモ」より低い
※4:原料に穀物を含んでいない

「シュプレモ」をオススメする犬

「シュプレモ」をオススメする犬

  • 穀物を食べても大丈夫な犬※1
  • 皮膚や被毛の健康が気になる犬※2
  • 体重増加が必要な犬※3

※1:原料に穀物が含まれている
※2:脂質、オメガ6脂肪酸ともに「モグワン」より含有率が高い → 皮膚や被毛の健康維持
※3:脂質含有率が「モグワン」より高い

 

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を粒の形状で比較!

モグワン ニュートロ シュプレモ
粒の形状 10ミリ
ドーナツ状
10ミリ
だえん形

モグワン、ニュートロ シュプレモの粒形状、大きさ比較

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を価格で比較!

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を購入した場合の価格比較を試算しました。

モグワン ニュートロ シュプレモ 小型犬用 成犬用
価格 4,237円/1.8kg
定期購入※
4,400円/3kg(1袋)
2,100円/1kg(1袋)
参考価格
送料 704円 記載なし
合計 4,941円/1.8kg 4,400円/3kg(1袋)
2,100円/1kg(1袋)
参考価格
100gの価格 275円/100g 147円/100g
210円/100g

価格は全て税込

※定期購入の補足説明
回数しばりはありません。いつでも解約できます。
配送の間隔は変更できます。

「モグワン」は「ニュートロ シュプレモ」より1.3~1.9倍くらい高いです。

原料にこだわりたいなら「モグワン」、コスパ重視なら「ニュートロ シュプレモ」がオススメです。

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」を口コミで比較!

「モグワン」の口コミ

我が家はモグワン継続中です💓

モカを我が家にお迎えした頃から
涙やけが気になっていたのですが、
モグワンに変えてから真っ白になりました✨

食いつきも超良好で嬉しいです😊💮
インスタより

その他にも「涙やけが改善されたみたい」という口コミもありました。

>>モグワンの口コミをもっと見る

「ニュートロ シュプレモ」の口コミ

3歳のトイプードルです。なかなかお気に入りのフードが見つからず、ふりかけをかけたりチーズと一緒に食べさせたり…あれこれしていました。シュプレモは、ふりかけなしで食べてくれます。

出典:Amazon

その他にも「朝晩パクパク食べてくれます」という口コミもありました。

>>ニュートロ シュプレモの口コミをもっと見る

 

「モグワン」はこんな犬や飼い主にオススメ

  • 成長期や積極的な運動を行う犬
  • 関節や心臓の健康が気になる犬
  • 肥満のリスクを抑制したい

\累計販売数 350万個 突破/
モグワン 申込みページはこちら

 

「ニュートロ シュプレモ」はこんな犬や飼い主にオススメ

  • 穀物を食べても大丈夫な犬
  • 体重増加が必要な犬
  • コスパ良いフードを探している

\公式サイトで確認/
ニュートロ シュプレモ公式サイト 小型犬用 成犬用はこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のドッグフードである「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」の違いを7つの項目でご紹介してきました。

「モグワン」と「ニュートロ シュプレモ」は良い口コミが多いので、比較して検討する方も多いです。

  • 原材料にこだわるなら「モグワン」
  • コスパも気にする場合は「ニュートロ シュプレモ」

というイメージで考えてみてください。